衝撃のニュースをもみじ饅頭を食べながら聞いた

毎朝コーヒーをいただきますが今日の一杯は、おみやげでいただいた広島のあの「もみじ饅頭」です。珈琲と和菓子を合わせておりますが、予想されますようになかなか合います。私は甘い物が大好きなので、この「もみじ饅頭」も好きな部類です。もみじ饅頭は、年に1回は、なぜか食べますね。やはり美味です。この結構ガツンと来る甘さ、疲れたときにはとても効きます。もみじ饅頭といえば宮島ですが、宮島には野良猫も結構います。こんな感じ。やはり野良猫なので毛並みが悪いんですね。人生で一番最初のもみじ饅頭は「こしき堂」のものです。それ以降は、「宮島 いい屋」のものです。もみじ饅頭にもお店がいくつもあるのです。何処のもみじ饅頭もおいしいのですが、「宮島 いい屋」のものが一番あっているように思います。「田中屋」のも捨てがたいのです。

さて、最近、ビッグニュースがありましたね。日産のゴーン氏逮捕です。経済に悪影響がないことを祈ります。
さて、こんなに気分がいいのに、こんなときにおみくじを引いて、最悪、凶がでてしまって、気分を下げたくない、そんなときありますよね。それは、「自分の未来がよいものである、ということ」を自分がどこまで信じられるか、を問われているのです。私たちは、「自分の未来はよいに違いない」と信じたいはずだから、当然、おみくじを引きます。まあ、悪い結果が出てもやむをえん、と思ってひきます。おみくじ棒がなかなか出てきませんが、やっと出てきました。21番。

巫女さんに棒を渡し、21番の引き出しから御みくじの紙を出してもらいます。そうしますと、大吉でした。この神社ではめずらしいと思います。それに、おみくじに書いてある内容ですが、気のせいか私が気にしていたことに対して的を射たことが書いてあるようです。ちょっと驚きました。おみくじですが、やはり、ちゃんと、巫女さんが手渡ししてくれるものに限ります。景品のくじのようなタイプの100円を入れて、自分で勝手にとるものだと、ありがたみも全くないのです。神社に来たかいがないというものです。おみくじの結果に気をよくして、とてもいい旅行でした。